HOME  > 「大学生活」 >  学習院LIVE!|マジマジメマガジン 学習院大学 受験生向けサイト  > 国際交流   >  豊島区の魅力再発見 by 留学生

豊島区の魅力再発見 by 留学生

2015-12-24 [ 国際交流 ]

先日、豊島区広報課さんより、「区の広報紙で、『留学生が案内する区内の名所』というような企画を検討しているが、協力いただける留学生をご紹介いただけないか」との依頼が本学にありました。

国際交流センターが呼びかけたところ、協定留学生(※学習院大学と協定を締結している海外の大学から、半年間または1年間受け入れている留学生)2名が引き受けてくれることになりました。
広報紙に記事が掲載されるのはまだ先の予定なのですが、その撮影風景をちょっぴりお見せしますね☆ミ

今回協力してくれたのは、フランスのパリ第七大学から来ているシルバン君と、イタリアのナポリ東洋大学から来ているトスカーノ君。
二人ともかなり流暢な日本語を話すので、てっきり4月に来日したのだと思い込んでいましたが、9月に来たばかりとのことで本当にびっくりしました。

本学正門にて、トスカーノ君(左)とシルバン君(右)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広報紙の撮影は、午前中は鬼子母神を中心とした雑司が谷周辺、お昼からは「おばあちゃんの原宿」として知られる巣鴨で行われました。
経営企画課スタッフは、午後の巣鴨での撮影に密着してきました。
さて、巣鴨地蔵通りにやってきた二人は、まず入口にある眞性寺にお参りした後、通り沿いの定食屋さんで腹ごしらえ。

巣鴨地蔵通り入口。確かに、原宿の竹下通り入り口と同様にゲートがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

江戸六地蔵尊の一つ、眞性寺。お地蔵様は、台座を含めると3.5メートルほどの高さ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お腹いっぱいになった後は、通りをブラブラしながら、とげぬき地蔵として親しまれている高岩寺へ。

地蔵通りを散策中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高岩寺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左手→右手の順で清めます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

境内では、様々なお守りや、最近は見なくなった塊の鰹節などが売られており、二人とも足を止めて、興味深そうに見入っていました。
その後、再び通りに戻り、散策を続けます。途中、お煎餅屋さんの前で立ち止まり、何やら購入・・・・・・。
また、お茶屋さんではお兄さんが試飲を勧めてくれました

どれにしようかなぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お茶についての説明を聴いているところ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふと気づけば、あっと言う間に3時間弱が過ぎていました。
シルバン君、トスカーノ君、お疲れ様でした。
今日の撮影はどんな感じの記事になるのでしょうか。
記事が掲載された「広報としま」が発行されたら、またこちらのコーナーでお知らせしたいと思っていますので、皆さんもお楽しみに~!

学長室経営企画課


PROFILE

「学習院LIVE!」編集スタッフ
「学習院LIVE!」は、学習院大学の旬な情報をお届けするブログです。学長室広報センターが運営しています。学習院大学の「今」を配信していきますので、どうぞお楽しみに!

twitter